物語については、あいかわらず主人公の傍若無人なゲスっぷりしか印象に残らなかった。いや、スポーツを題材にした作品で、競技をはじめるきっかけとして異性を配置することは現在でも珍しくないが……

考えてみると、ルールを無視した動きで素質を見いだされる展開も、スポーツ作品の定番ではある。それなのに、見ていて暴力と下劣さの印象しか残らない。

“すき家はバイトの給料をどんどん上げてみるみたいだが,大学の非常勤の場合,採用時に給与を聞くことすらできない。それくらい市場が崩壊している。”
Twitter / tmaita77 (via igi)

(via katoyuu)

“日記は、良い。なにせ日記を書けるのは人間だけだ。社会人に書けるのはせいぜい日報だ。”
“実在した詩人の自伝ではなく、萩原朔太郎や北原白秋らの作品から受けた印象から作者像をイメージした、全く新しい、いわば真の二次創作ともいえる手法で創作された、詩人と近代日本の物語。”